伸び悩むアシスタントちゃんたちへ




皆様 ごきげんよう・・OVERMAXです





これも新しいテーマだ



伸び悩むアシスタントちゃんたちへシリーズだ





このブログは写真をわざと載せていない




文章だけのブログだ




若いスタイリストや雇われ店長に向けて書いてる



つもりなのだが・・





話を聞くとどうも若いアシスタントも読んでることも





判明している・・






なのでオッサン経営者が君達を伸ばすことに




一役買うことにした・・









みんな頑張って練習してるだろうか?



いいと思う




コンテストに向けて?




技術試験に合格するため?



しょうがなく?






まあ 基礎技術は反復練習で上手くなる




シャンプーとかワインディングやブローなんかは



特にそうだ・・





カットも基礎トレーニングも反復練習でなんとかなる



ここまでを練習の前半戦




この前半戦でかなりこぼれ落ちる・・




理由は簡単だ







先輩達が 教える先輩達が  












アホだからだ・・




うちのお店は前半戦はアシスタント系は 1年




カット基礎は 2年目・・





三年目は 後半戦のリアルスタイルに行く



この2年間は言うなれば 先輩の指示やマニュアルで





過ごすわけだが アホなオーナーや先輩の下で働くと




2年目でも ブローさせも合格していない・・




という事になる





僕が思うに、アシスタントは特に この期間は




先輩の言いなりで練習するよな?  



合格 不合格も・・上の人が決める




いいかい・・




アシスタントちゃん






アホな先輩(アホトレーナー)の下で働いてたら




3~4年 あっという間に棒に振るぞ!



もし女の子なら 27歳くらいで結婚したくないか?




少なくとも 29歳までに・・





21歳で美容室に入って28歳でカットもしていない・・



なんて話はこの業界よく聞く話だ





無駄な7年間だ・・




普通は 4年でカットデビューしたいな




25歳だ 立派な大人だ





この基礎期間が問題で・・普通なら早くて 2年で終わる





後半トレーニングが 後2年残ってる




ちなみにうちでは 3年でカットデビューだ!

(本人の努力と才能による・・)



遅くても 4年・・




それが出来ないオーナーや店長は










トレーナー失格だ!



いいかい・・アシスタントちゃんたち





よーく考えてみろ




たまたま教えるのが上手な先輩や店長に当たれば





サクサク伸びる



でも 先輩も人間だ・・





教えるのが苦手なタイプもいるだろう




ぶっちゃけ 君のことなんて伸ばしたいなんて




思ってないかもしれない




只の義務でやってる先輩たちもいる





意味も無く終電近くまでやったら終わり・・




意味の無い練習時間




それだけやって君は上手くなったのか?




合格出来るのか?



もし そうだったらいい





頑張れ!



僕は常々長い練習時間と成長は





正比例しないと考えている





大切なのは練習の質なんだ



中身の無い反復練習では 絶対伸びないんだ




子供の頃 算数でつまずいた君ならわかるだろう?




今 考えると 簡単な


分数の割り算


連立方程式


関数




あんなもん今 子供の教科書見れば




すぐにわかる 簡単だ・・




でも当時はわからなかっただろ?




今の子供は4年生くらいになると塾にいく




なぜだ?





問題の理解を深め・・




高い点数を取るためだ



学校の先生では教えてくれない
















塾の先生は・・問題を解く 








コツを教えてくれるからだ!




そうなんだ・・




基礎技術は誰でも通る関門で




誰でも出来る・・



でも君は なかなか合格しない



なぜか?






コツを教えてもらって



無いからだ!






基礎技術なんて誰でも出来るんだ




そのあたりの中学生捕まえてきて 半年



みっちり僕が教えれば出来るようになる




話を難しくしてるのは 今君の横にいる




先輩とお店のシステムなんだ・・






牛角ってプロの料理人はいない




子供スタジオの スタジオアリス にも




プロカメラマンはいない(普通の大学でた子ばかり)





なぜ できる?





コツがあるんだ





成功するコツをマニュアル化してるだけなんだ・・





美容室には教えるシステムはあっても




合格させるノウハウはない



コツを理論化できる先輩や店長がいないんだ






あるのはコンテスト用のコツばかり




君はワインディングコンテストで入賞するために




この世界に入ったのか?




だったらそれでいい




そのままコンテスターで生きていろ



もし 君がお客様の笑顔の為に




この世界に入ったのなら





コンテステなんて捨てろ



まあ お店のシステム上しょうがない時もある




まあいい 適当にやっとけ・・




その代わり 全身全霊で



この基礎技術を 2~3年で終わる事に特化しろ






しかし可哀想なことにお店によって



この基礎技術の合格ラインも



マニュアルも違う・・





問題はこのアホトレーナーの制覇(攻略)にかかっている





リアルなお客様の世界はもっと





シビアで幅が広い







そのお店の中にいるアホ店長や使えない先輩達くらい




軽々と超えるんだ




それこそがアシスタントちゃんに課せられた






一番の使命(試験)なのだ・・




スタイリストになればこっちのもの・・





いくらでも道は開ける






うまくやれ!





大丈夫だ・・



お前なら出来る





次号でこのアホな先輩の





攻略法を書く







大丈夫だ 昔から変わらん




君を伸ばそうとしない先輩はどこにでもいるし





コツも紀元前から同じだ・・



とりあえず今は





そのアホ先輩と ダメ店長のいう事を





ハイハイ・・と聞いとけ




嫌われるより 好かれたほうがいいからな



             by  OVERMAX
[PR]
by overmax0420 | 2012-03-08 22:50
<< 伸び悩むアシスタントちゃんたちへ 2 君のいる季節は・・ >>