売れる美容師の人間力の本質



前回 売れている美容師



すなわち・・リピーターの多い美容師さん



と記した



そのベースとなるのが




技術力 と 人間力 とも書いた




前回 書き忘れたが それを支えるのは



やはり経験値の高さだと思う




しかし 35歳くらいで経験があっても



25歳くらいのスタイリストに数字で負けることが




あるのは どうしてだろうか?




やはり 人間の魅力と言うか



総合的な人間力の高さであろう





ただ この人間力の定義とは難しい




簡単に言うと 人として魅力的であるか・・どうか・・




恋愛にも似ていて ダメ男でも魅力を見い出すことは




あるだろうし 優しくて 顔もよくて そこそこお金持ってても



フラれることもある




ましてや人間力を 鍛えるなんて定義も広くお客様の嗜好は




一人ひとり 千差万別・・




見た目だって 女性なら メーク変えたり ファッション変えたり




香水つけたりいろいろ化ける 術(すべ)はある




しかし 男はどうだ・・




たとえば 売れない 35歳くらいの美容師がいたとしよう




どう人間の魅力を鍛えるというのだ




確かに難しい・・




25歳の男を鍛えるのは まだ容易いが




凝り固まった人間を解きほぐすのは難しい






話を戻そう




僕はよく考える・・




技術力 と 人間力




この2つの要素はどちらが先でどちらが後なのか?



それとも 同時にお客様に訴求するものなのか・・




どちらが 受け皿 で どちらが 料理なのか?





当然 美容室は 髪を加工するのがメインだから




技術(結果) が皿の上に乗り



それを美味しく食べていただく為の



ムード作りや お皿のグレード




それを給仕する人たち・・


すなわち 人間性の上(皿)にメインディッシュの技術が乗る




それが正しいありかたであろう





でも 営業中に よく その関係性が逆転してる場面に



遭遇する




極端に言うと このお客様は その美容師さんのことを




とても信頼していて その美容師さんの作ったものは



すべて 信頼してくれてる




人間がメインディッシュで 技術がおまけ・・皿?





まあ それも 初めに技術があって 信頼されて



だんだん人間性が認められ・・




技術あっての人間性から





人間性あっての技術に代わる・・











なのかな・・? (汗)




僕も本当のところわからない





僕のお客様は20年 15年通い続けてる方が




沢山いる




その理由はなんだろう?





技術力か?


いやいや・・悪いが 普通の仕事で




誰でもできる技術ばかりだ・・





僕の人間力か?



う~ん 確かに慣れはしてるが



たわいもない話と普通の気の使い方・・




でも皆さん 通いつづける





なぜだ?



この話は 深い次に回そう




何度も脱線して悪い



最初は技術力 それを支える人間の魅力



逆もある



感じのいい魅力的な人間性 それをささえる技術力





今日のテーマは人間性だ



美容師としてに魅力のある人間性とは?




いろいろ定義や切り口はあるだろうが





この切口から入っていこうと思う







美容師の君は・・




どちらだ?









Sキャラか? Mキャラか?




言い方変える





殿様タイプか?(自分勝手にしたい人 命令したい人 その方が伸びる人)



それとも・・  




家臣タイプか?(人に仕えたい人 指示されたい人 その方が伸びる人)





美容師の仕事は お客様の要望があって請け負い業なわけだから




M体質や はは~っ ということを聞く家臣タイプが向いてるのか?




う~ん まあ そういう側面もあるが なんか違うな・・






僕はこう考える





有能な美容師は




やはり頭がいい しかしそれを全面には出さない




主役は お客様だ・・




殿様や姫君は何を欲しているのか?


現時点で僕の



考えはこのように落ち着いた・・



美容師さんのベストの人格とは





きちんと殿様に意見の言える有能な家臣タイプ



わがまま姫君を一番可愛くしてあげれる 意見も言える髪結いさん



髪やビューティに関して お客様の一番の片腕



スーパー家臣  スーパー髪結い  スーパー執事





執事で思い出したが 嵐の桜井君が お嬢様に


「お嬢様は バカでございますか?」 メガネをクイッとあげる



っていう執事役のあったよね



あれもある意味いいね



でも そのわがままお嬢様はその生意気執事の事を




一番信頼している・・




よく自分の事を ヘアドクター っていうオジサン美容師いるけど





個人的にあれは違う




お客様は患者さんではない



主役は お客様で




僕らは スーパー家臣だし スーパー髪結い スーパービューティ執事



それもとびきり有能な・・片腕か秘書




ここがベースにあって 各個人のキャラが出てくる





オカマキャラ 真面目キャラ 草食系キャラ オジサンキャラ


エロカワキャラ 俺様キャラ ツンデレキャラ おばさんキャラ



いろいろある・・もっとある



まあ自分が一番 演じやすいのがいいと思う



演じるとは言葉悪いが 演じるという意識があることによって



クオリティが上がるし、常にそれを意識するからいいのだ 





最後・・本質を書く









結局は お客様が求める




一番の美容師の魅力とは・・



































安心感なんだ・・




そこをどう表現するかにかかってる




次に 同じくらいに順位するのが





面白い


自分の事を大切にしてくれる(好き?理解してくれてる?)


男女ともに エロ や セクシーである(本能に訴求する)






あとは ちょこちょこあるが




人間の本質は(本能)はそんなに変わらないし



そんなに多くない・・








上にあげたものは





結婚相手に求める条件と近くないか?





君もお客様も同じ人間なんだ・・








何十年と連れ添うんだ・・





10代 20代 30代 40代 50代 60代・・




いろいろ嗜好はあるから 全部同じとは言えないが



相手に合わせて レベルを変えるだけ





本質は変わらない







君ならどんな人と結婚したい?





その答えが・・












今回の僕の答えだ・・



          by OBARMAX






美容師なら 恋人くらい作りなさい



それも出来ない程度の魅力と行動力なら



お客様も君の事、魅力的とは思わない



ましてや一生連れ添う相手もお客様も



見つからない・・



仕事バカ 練習バカ コンテストバカでは




お客様に支持されないのは




みんな知ってるだろ?




街に出ろ・・愛をささやけ・・合コン行け!




まずは それからだ!





今回 基本的な美容師の人間性の魅力について書いた



問題は どうやって お客様に伝えるのか?


君のいい所や魅力をわかっていただくか?





次は 



「どうしたらそれをお客様に伝わる? 魔法の言葉 」




です
[PR]
by overmax0420 | 2011-12-13 10:42
<< どうしたら伝わる? あなたの良... お客様がリピートし続ける訳は? >>