お客様がリピートし続ける訳は?




余命1年って言われたら



君はどうするだろうか・・




このブログはまあ



簡単に言うと遺書だ・・






自分の大切な人に残している




長い長い・・





手紙みたいなもんだ







その大切な人がこれを読むのが





数年・・



いや



10何年後かもしれない・・






でも





とりあえず書いてみようと思う・・

















お客様に確実にリピートして頂ける方法は・・



















無い!
 (笑)




ははは・・悪い悪い・・



それじゃあこのテーマの話が終わっちゃうね




まあ 結論から言うと




美容師としての魅力度数の高い人



がリピート率は高い・・





美容師の魅力ってなんだ?





技術力と人間力だな・・



(あとは少しのビジュアルとオーラ)←センスともいう




技術と接客じゃないよ




人間力ね



簡単に言うと




人として魅力的かどうか・・だ





まずは技術から




みんなは高い技術力と聞いてどんなものを想像する?



DADAやピーカーブーのカットスクールに行って



勉強したこと?



難しいケミカルの勉強して薬液知識を持ってる?




高級な薬液や処理剤を使ってる?




丁寧なカウンセリング? スピード? かっこいいハサミさばき?





まあそれも大事だが


(僕はぜんぜんそんなこと思ってないけど・・)



上に書いたものは 大体にして 過程だ



結果じゃない



いつの時代もお客様は結果を重要視している





時間 × 料金 + 施術過程 = 結果




その結果いかんで・・




お客様はリピートするかしないかを決める




美容師が大切にするのは過程や施術内容・・

(切り方とか薬液とか工程とか・・)



でも違う 技術に関して




お客様が気にするのは 結果だ・・





当然 その結果は料金との対比もある



簡単に言うと




結果が良くて(気に入って) 見合う料金または





安い! と感じられたら



第一段階合格だ




お客様はリピートする可能性が上がる




問題は




その結果の落とし所




が大切なんだ





君は何を意識して結果を目指すだろうか?





お客様の切り抜きか?




カウンセリングで示した髪型か?



手入れのし易さか?



ノンダメージか? 再現性か? 持続性か?



上品感か? エロカワ感か? 君自身の好みか?




みんな 人によって複合的でいろいろだろう



僕は・・





技術の結果で一番大切にしているのは






フィット感・・




その人にあつらえられたスーツのように




ピタッ と収まっていること





もう少し 幅を取って解釈を広げると













パッと見て・・











違和感がない事





これを大事にしている




あくまでそのお客様のご要望や好みを意識してだが・・








レングス設定(長さ)



レイヤーの幅 グラのハイ&ローの角度



削ぎの質感や深さや量



パーマのかかり感 取れていく具合



カラーのトーンや色素量や深さ・・




作り終わった後に 指を通し 崩し 戻して



違和感がないかを確かめている



出来るだけ客観的にそれを行う




さらに 



お客様が夜 乾かして寝る



起きる 寝癖  少し濡らして抑える



ひどい様ならドライヤー 何かつける・・




その一つ一つに 違和感がないかシュミレートする



問題があるようなら そこを重点的に教えるし



違和感があったときは・・




これで少し生活してみて



何か問題があるようならお出でよ



少し手直しするからさ・・と伝えておく





という感じだ




最近のおしゃれな美容師さんは




わざと 無駄や違和感を作る



それがおしゃれなのは分かるし




決まればカッコいい



でも僕らは一般の普通の方を担当することが多い




短い前髪や極端につながらないカットや必要以上な




長短感や重さやぶつ切り感もいらない・・



ルーズパーマとかもいいが




一歩間違えれば バサバサの跳ね跳ねだ・・




望まれればやるが




僕は極力 いい意味で 違和感のない髪型を作りたい




そのお客様の体の一部のようなフィット感・・




生活してても結んでも 留めても



雑に乾かしても 違和感のない髪




あっ!忘れてた・・




ダメージも考慮する



素敵なパーマヘアも毛先がジャリジャリしていたら




やはり違和感がある




僕はパーマ歴の長いおばあちゃんには





シスアミは使わない




彼女らは一発で 匂いがいつもと違うことを見抜く



なかなかシスアミの匂いは取れない


シスアミ特有のパーマの質感



そのパーマの取れていく過程・・



匂いにも違和感の定義はつながっている




加えて言うと 



施術中にも違和感のない仕事のワークフローを




心がける カットクロスのかけ方 締め付け感




匂いもあるね・・タオル交換や全体のスピード




作業はすべてにおいて 違和感なくスムーズに!


言葉変えると




自然に美しくだ・・







そして違和感のない結果(ヘア)に持っていく





これは実は 補修のお客さんを多く担当するように




なって深く意識するようになった





失敗されたお客様は



かなり違和感があるわけだから





それを違和感なくするのが 補修の第一歩なわけだ・・



まあ考えてみれば普通のお客様も



何か髪に不都合があるから来店されるわけで・・



まずはその不都合を取り除くことが




僕ら美容師の使命なわけだな





最後 




極論書く・・




お米くらいの小さな石ころが靴下や靴に入ってて



ごらん・・違和感ありありでょ?



たかが米粒くらいでもね・・





歯の詰め物もかみ合わせが悪いと


たぶん0.2ミリくらいでも凄い違和感感じるじゃない?



たかが0.2ミリだよ・・






凄いよ 人間の感覚って





髪も同じです ずっとつけてなきゃいけなし



毎朝自分でセットするわけで・・




そうなると違和感は極力ない方がいい



と思うわけです




髪なんてその人を彩る




額縁のようなもの・・




あまり髪が主張し過ぎるのも具合が悪い



でも メークや洋服と違って取り外しはきかない・・




なので 他の人に制作をゆだねる髪は




かなり体の一部としては重要なパーツである




今回の重要ワード





お客様がリピートする美容師は



技術力と人間力が高い人



技術に関しては 「結果が大事」



僕の大切にしている結果の落としどころは




「フィット感 と違和感がない事」です・・






ちなみに僕のリピート率は 地方の方を除けば




90%以上のリピート率です




でも 今回書いた上の条件をクリアできてるとは思いません




そのようなことを意識して仕事をしてる


ってことです・・





最後 技術力は



リピートするという項目の中で



全体の 30%くらいだと思う




お店全体のムードや場所 価格 システム・・




その複合力でお客様はリピートし続けるんだ


             


                  by   OVERMAX 



次回は 美容師さんで一番大切な





人間力について書きます
[PR]
by overmax0420 | 2011-12-11 09:21
<< 売れる美容師の人間力の本質 売れない美容師タイプ3号とトイ... >>